眼の知識 《近視と老視》

 近視と老視

近視の人は老眼にならないと、誤解されている方が

たくさんいらっしゃいます。

確かに近視の人は近くが見える目ですので、

60歳になっても専用の老眼鏡を必要としない人はいらっしゃいます。

しかしそんな人でも近視のメガネを掛けて、

遠くをはっきりと見えるようにすると、近くは見づらくなります。

この近視のメガネを掛けて、近くを見た時が老視の症状です。

 近視の人の老眼鏡のレンズ

正視眼の人の老眼鏡は、必ず凸レンズになりますが、

近視の人の場合は凸レンズを使う場合、

凹レンズを使う場合といろいろあります。

と言うのは、近視の人は凹レンズを使用して、

眼の屈折異常を矯正しています。

そんな人が45歳くらいになると近くが見づらくなるため、

凸レンズを必要とします。ということは、

凹レンズと凸レンズを足したレンズが必要となります。

老眼鏡の度数

近視を矯正している凹レンズの度数+近くを見るために必要な凸レンズの度数

当然凸(+)レンズの度合いより、凹(-)レンズの度合いが大きければ、

老眼鏡は凹(-)レンズを使用します。

逆に凹(-)レンズの度合いより、凸(+)レンズの度合いが大きければ、

(+)レンズを使用します。

 

 

■オプトギャラリー

   メガネのロイヤル新徳田店

   福山市神辺町新徳田146-1

   0120-618-603
   084-962-3181

 

緊急の場合お電話いただければ時間外でも対応させていただきます


   営業時間
   9:00~19:00
   定休日 不定休

 

 

 

 

 

NEWS

2013.12.30

割引券のページ更新しました

 

2013.12.20

年末年始の営業時間更新しました

 

 

2013.10.04

10/5よりAutumn Sale開催いたします

 

 

2012.10.20

子供用メガネシルエット

SPX ART KIDS入荷しました

 

2012.6.9

営業時間の変更しました

2012.2.7     

花粉症用メガネスカッシーの更新しました