眼の知識 《調節力》

調節力を表す単位

眼の中で調節する(水晶体を厚くする)ということは、眼の中で凸レンズを作っているようなものですから、調節力をレンズ度数の単位(D:ディオプトリー)に置きかえて表すことが出来ます。

調節力(D)=1÷近点距離(m)

例えば、20歳くらいの正視眼の人(眼の良い人)は、調節力を最大限働かせて明視(ハッキリ見ることのできる)一番近い点(近点)は、おおよそ眼前10cmくらいです。この調節力を単位で表すと約10Dの調節力があると言えます。

調節力の変化

調節力は、年齢に密接に関係してきます。というのは水晶体(レンズ)は年齢とともに弾力性が失われ、だんだんと硬くなるために、水晶体を薄くしたり厚くしたりすることが困難になるからです。調節力は、子供が大きく、年齢とともに小さくなります。45歳頃より水晶体の弾力性はかなり失われ、近くを見る為に必要な調節ができなくなります。これが、老眼とよばれる症状です。

年齢別の平均的な調節力
  10歳 12D
  20歳 9D
  30歳 6D
  40歳 4D
  50歳 2D
  60歳 1D

 

 

■オプトギャラリー

   メガネのロイヤル新徳田店

   福山市神辺町新徳田146-1

   0120-618-603
   084-962-3181

 

緊急の場合お電話いただければ時間外でも対応させていただきます


   営業時間
   9:00~19:00
   定休日 不定休

 

 

 

 

 

NEWS

2013.12.30

割引券のページ更新しました

 

2013.12.20

年末年始の営業時間更新しました

 

 

2013.10.04

10/5よりAutumn Sale開催いたします

 

 

2012.10.20

子供用メガネシルエット

SPX ART KIDS入荷しました

 

2012.6.9

営業時間の変更しました

2012.2.7     

花粉症用メガネスカッシーの更新しました