眼の知識 《老視》

 老視(ろうし)

老視とは、45歳頃より水晶体の弾力性が失われて(水晶体の硬化)近くを

見る為に必要な調節ができなくなった状態です。

 老視の症状

近見障害 近くが見づらくなる。

眼精疲労 近くを見る時に無理な調節をする為に眼の疲れがでます。

 正視と老視

45歳くらいで正視眼の人は、調節力を最大限働かせて明視

(ハッキリ見ることのできる)一番近い点(近点)は、

おおよそ30cm前後です。この調節力を単位で表すと

約3.3Dの調節力があると言えます。

調節力(D)=1÷近点距離(m)

しかし30cmのところにある新聞などを最大限の調節力を

使って見ているということは、相当無理をして見ているということになり、

たいへん目が疲れます。 そのため老眼鏡のレンズとして、

+0.75Dくらいの凸レンズを使えば、

調節力も3分の2ほど働かせればすみますので、

楽に新聞などを読むことが出来るようになります。

 

 

■オプトギャラリー

   メガネのロイヤル新徳田店

   福山市神辺町新徳田146-1

   0120-618-603
   084-962-3181

 

緊急の場合お電話いただければ時間外でも対応させていただきます


   営業時間
   9:00~19:00
   定休日 不定休

 

 

 

 

 

NEWS

2013.12.30

割引券のページ更新しました

 

2013.12.20

年末年始の営業時間更新しました

 

 

2013.10.04

10/5よりAutumn Sale開催いたします

 

 

2012.10.20

子供用メガネシルエット

SPX ART KIDS入荷しました

 

2012.6.9

営業時間の変更しました

2012.2.7     

花粉症用メガネスカッシーの更新しました